おかげさまの心で 

生ききって、彼岸への橋を渡る。

些細なことで切れやすくなること

(ハゲー!)で、ひんしゅくを買った国会議員が

いたが、あおり運転や嫌がらせ運転のトラブルでの

交通事故が、増加している。

 日本だけでなく世界中で増えているとのこと。

北朝鮮とアメリカトランプとの核戦争も辞さずの

罵りあい。民族間での争い、イスラム系の自爆テロ

難民排除問題、人種差別問題、貧富差に基ずく階級

問題。

 天候の異常や、温暖化現象の新たな恐怖、先進国

の人口減少、アジア、アフリカの国々の人口増加。

 アメリカファースト、中華思想、自分だけのことしか

考えられなくなっている。

 人口の増加にも自然の許容範囲が、あるのだろう。

人間は無意識であるが、自然の力が働いて、切れやすい

感情のおもむくまま、核爆弾のスイッチを押しせば、世界の

人口を半減悪くすれば、全滅させる可能性もある。

 私たち弱者は、皆が助け合い共に生きて行けるように

為政者に働きかける以外ない。

 手よりも長い箸しかなければ、前や横に座っている人

にしか食べさすことはできない。

軍事用の企業の株価が急騰しているとのこと。

 お金を別の方向に向ければ、質素な生活なら世界中

の人が、生活できないのだろうか。



スポンサーサイト

あべのハルカス美術館 奈良西大寺展を観て


 9月18日に西大寺展を観に、あべのハルカスへ

出かけた。16階に美術館があるのも珍しいが、

美術館自体がフロアーの一部分を簡易的に使用

しており美術館内にお手洗いが無く、入場口より

一旦外部フロアーに出て用を足すという、美術館

収入が芳しくなければ何時でも別の用途に変更可能

というしろものであった。

 今回。西大寺の愛染明王が出品され、厨子から

出た姿で観られるので、期待して来た。

 以前、西大寺の愛染堂にて明王の朱印をいただいたが

年数回の御開帳日ではなかったので、仏像は拝めなかった。

 今回実物を見ると30cmほどの背丈のコンパクトな

像で少し拍子抜けしたが、小像ながら部分の仕上げは

精巧で赤色の色彩もよく残っており、前後左右どこにも

隙のないできばえで、観に来た甲斐があった。

 ほかに、国宝の僧叡尊像が実物大で手指や口髭の造り

もすばらしく、唐招提寺の鑑真像同様、叡尊その人自体

が余程弟子や周りの人々から慕われ尊恵される徳の高い

僧であったろうと思わせた。


粋芙蓉

西国その他 22年秋 040
粋芙蓉 秋に咲く花。朝白い花が咲き、徐々に花の色が赤くなるのでこの名がある。
一つの木で沢山の花が咲くので赤い花と白い花が
混ざって咲くことになる。

異常な暑さと所感

  年々、夏というか梅雨時から、温度および湿度が高く

日本も亜熱帯地帯となった感がする。

 熱帯性低気圧や夏台風の増加による異常な集中豪雨で

山崩れや河川の氾濫で毎年災害が多発している。

日本は山国であり、ある程度の雨には耐えられるが、

最近の今までに経験したことのない雨(一日で一か月

以上の雨量)が降れば、早期に避難して命を、守る

以外にはないだろう。広島、東北、福岡、熊本と全国

で毎年発生しており、今後も全国どこでも起こる可能性は

高い。

 日本だけでなく、世界各地で大地震も起きており、

夏場の高温で多数の死者が各国から報告されている。

 異常な暑さや集中豪雨は、もはや通常の状態と考え

るべきであろう。

 自然からの脅威と上手に付き合う為に、世界は

協力して対応すべきだが、アメリカファースト、宗教

差別、中華思想、白豪主義など、現実の世界の動きを

見ると、前途ほど遠しだ。

 人類も21世紀を迎え、庶民感覚でいえば、立場や

考えが違っても、お互いのことを思いやりの心をもって

助け合えば、軍事費(人件費、武器代)を縮小することで

世界中の人々が、十分生きていける力を

人類はすでに、

もっているのでは

ないか。

金の使い方、配分の仕方に問題があると思う。


突発性難聴

ゴールデンウイークの最終日、突然聴覚に異常を感じた。
左後方のスピーカーの音が右側の後方から聞こえている。右側
の耳に手を、当ててみると左の耳からは全く音が聞こえない。
左の耳に違和感とか痛み、耳鳴りとか一切無し。
 パソコンで検索すると、突発性難聴の記事があり、発病後は
早期に耳鼻科で治療要と出ていたので、5月9日に受診した。
聴音検査(ヘッドホン付けて直接音を聞いたり、耳の後方から
頭蓋骨越しに音を聞かされた。) この時点で左の耳の聴力は、
元の状態に戻りつうあったが耳鳴り(軽いもの)やチリ〃した
金属音がしており検査表を.見るとの聴力レベルが右と比べて
低く記録されていた。 ステロイド系の飲み薬を処方された。
1週間後に再検査するとのこと。病気の原因は分かっていない
ようでもとどうり治る人もいるし、障害の残る人、聴力を失う
ケースもあるとのこと。できるだけ全身運動(有酸素運動)する
のが良いと全ての病気の予防策のような注意を受けた。
加齢が原因か聞くと、若年層でも突発性難聴はおこるとのこと。
人間、一歩先は闇。何が起きても動じず、事に当たることだ。
次のページ

FC2Ad